撤回論文 NMR サイ〇リヤ間違い探し 

研究不正

こんにちは。はーどこあです。
先日分析したNMRスペクトルのデータ改ざんがあまりにも杜撰だったわけですが、
同様の事例を別の撤回論文から探してきました。

対象はオクラホマ大学Weaver准教授のグループが2017年に報告し、2020年11月に撤回した下記論文です。
“Hydrogen Bond Directed Photocatalytic Hydrodefluorination: Overcoming Electronic Control”
Mohammad B. Khaled, Roukaya K. El Mokadem, and Jimmie D. Weaver III*
J. Am. Chem. Soc. 2017, 139, 37, 13092–13101

撤回文は下記のとおりで、一言でいえば、NMRの改ざんをやっちゃったとあります。
The authors retract this Article following an investigation by Oklahoma State University. Through this investigation, Mohammed B. Khaled, former postdoctoral fellow at Oklahoma State University, was found guilty of research misconduct in the form of data falsification by inappropriately editing NMR spectra published in the Supporting Information. Falsified NMR spectra may directly impact the conclusions of the published work, since removal of peaks arising from byproducts in the chemical synthesis will lead to fallacious claims regarding overall product selectivities and yields. The other coauthors were not implicated in the allegation or findings of the investigation.

ただこの論文のSupporting Informationが凄まじいボリュームです。425頁の大作で、52MBもあります。分析めんどうだなと思ったのですが、後ろから見てみたら早速出てきました。次のスペクトルはSI395頁の19F NMRです。このサイトをお読みの皆様ならお分かりですね、-105-115ppmが変です。

引用元: J. Am. Chem. Soc. 2017, 139, 37, 13092–13101 Supporting Information 395p 19F NMR

拡大するとこうです。このエリアだけベースラインがまっ平になっています。仕事が雑ですね~。

続いては350頁です。-115ppm辺りに違和感を覚えます。

引用元: J. Am. Chem. Soc. 2017, 139, 37, 13092–13101 Supporting Information 350p 19F NMR

こちらも拡大するとこうです。ピークがちょん切られています。

しかしまぁ皆さんSupporting Information読んでないようで、雑な加工でもJACS通るんですね~。私がザーと見ただけでも、4つほど改ざん箇所がありました。サイ〇リヤの間違い探しで10個見つけられたことがない私でも簡単に見つけられましたので簡単です。ぜひ探してみてください。