名古屋大学 ACS 論文撤回 その4

研究不正

こんにちは。はーどこあです。

名古屋大学の撤回論文を分析するシリーズです。名古屋大学の伊丹教授らの論文「リビング縮環π拡張重合によるグラフェンナノリボン合成」は、2019年6月に科学誌『Nature』に掲載されましたが、使用したデータに疑義があることのことで、2020年11月25日付で当該論文は取り下げられています。アメリカ化学会のJournal of the American Chemical Societyに掲載された関連論文が2021年2月21日付けで取り下げとなりましたので、本誌内容を分析いたします。

今回は、いただいたコメントからの記事化です。なんと1a, 1b, 1c, 1dの1H NMRのcreation time(作成日時)が14:52:37で全く同一のようです。Revision timeは変わっていますので、1つのNMR dataから、4つのNMRスペクトルを作り出したことになります。その2で紹介したデータ改ざんとデータ捏造の合わせ技ですね。

引用元:J. Am. Chem. Soc. 2020, 142, 4, 1686–1691 Supporting Information

「creation_time はファイルが作成された時間なので,単にファイルが自分の作業環境にコピーされた時刻に依存する」というコメントをいただきました。1a1dは芳香環に置換されたアルキル基が異なっています。しかしながら、変わっているはずのアルキル基の領域で同じピーク、同じノイズが発生しています。従い残念ながら、同じファイルから作られたといえます。

データ捏造、改ざんを防ぐにはどうしたらいいんでしょうか。せめてCreation timeは外部機関を活用して、外部に認証された時間(タイムスタンプ)を取得し、スペクトルに大きく記載すべきと考えています。

JE〇Lさん一緒にそんなこと考えませんか。