Conoha Wing上でPython実行(1)

レンタルサーバー

こんばんは。はーどこあです。
本ブログのためレンタルサーバーを借りています。
色々調べたんですがConoha WIngの評判が良かったので、絶賛運用中です。
いまのところ特に不満はありません。

レンタルサーバーを借りたならば、CRONでPythonのプログラムを走らせて、
Webサイトをスクレイピングして、情報取得したいなぁと思ったのですが、
プログラム実行までに結構手間取りました。

仮想環境の構築
venvでの仮想環境作成です。特に変わりないと思います。

python -m venv Trial

cdコマンドでTrialフォルダに移動してください。binというフォルダがあると思います。

bin  include  lib  lib64  pip-selfcheck.json  pyvenv.cfg

binの中をlsコマンドで確認すると、次のようになっています。

activate      activate.fish  easy_install      f2py   f2py3.6  pip3    python
activate.csh  chardetect     easy_install-3.6  f2py3  pip      pip3.6  python3

acvitateというファイルがありますので、次のように実行してください。そうすると仮想環境に入ることができます。

source activate

ちなみに仮想環境からでるには

deactivate

と打てばよいです。

次回は、ライブラリーのインストールについての備忘録です。