名古屋大学 Nature論文撤回 その3

研究不正

こんばんは。はーどこあです。
名古屋大学の撤回論文を分析するシリーズの第3弾です。

繰り返しになりますが、名古屋大学の伊丹教授らの論文「リビング縮環π拡張重合によるグラフェンナノリボン合成」は、2019年6月に科学誌『Nature』に掲載されましたが、使用したデータに疑義があることのことで、2020年11月25日付で当該論文は取り下げられています。

前回はGNR2のマススペクトルを分析し、n=30体において精密質量質量の計算値を間違えていること。さらに間違えた数字に対して、なぜか実測値も適合していることをご報告いたしました。今回はGNR2を酸化・縮環させたGNR8のマススペクトルを分析いたします。

GNR8

下記のスペクトルは、Nature 2019, 571, 387のExtended Data Figure 7a並びに7bです。左図はGNR8のMALDI-TOF massスペクトル。右図はn=25体を拡大したスペクトルです。比較して比べると、イオン化補助剤である銀が付加した[M+Ag]のピーク強度は両図で一致していますが、ノイズの強度がまるで違っています。にわかに信じがたいことですが、拡大することでS/Nが急激に向上しています。

Cited from Nature 2019, 571, 387

こちらはNature 2019, 571, 387のExtended Data Figure 7cで、n=26体の拡大スペクトルです。ノイズの強度がFigure 7aと一致しないのはFigure 7bと共通しております。このグラフを注視すると気づくのですが、[M+Ag]の同位体ピークの間隔が一定ではありません。

Natureの査読者はいったい何を見ていたんでしょうね。3-4人は査読者がつくものですが、、、
まだ続きます。